本を書けずともブログは書ける

日々の様々なことを書いて文章作成術の腕を磨くことを目的としたブログです。

ゲーム攻略サイトはみる派?みない派?

f:id:zaregoto5010:20170115090616j:plain

 

どうもさるロゴです。ゲームで分からない所や強い敵が出てきて先に進めないというのはゲーマーなら誰でも経験する。そのような時に調べる方法としてwebサイト上にある攻略サイトを見るというのも一つの手段だし、それでも自力で解きたくて何度も思考錯誤するのもゲームを楽しむ方法だ。

自分の意見はみる派である。理由は2つ。

 

 

ストーリー性のあるゲームはわからない所だけ見る

RPGやノベルゲームのようなストーリー性のあるゲームの場合は謎解きだったり、倒せないボスキャラ、バッドエンドを回避するルート等答えが分からない時はいろいろな方法を試してそれでも分からなかったら攻略サイトを検索して答えを調べる。解かないとストーリーを把握できないまま積んでしまい、遊ばなくなることもあるからだ。

 

腕を競うゲームは最初から見る

最初から見るのはカードゲームだったり、MOBAというチームで対戦するゲームではまずゲームシステムだとか、定石をある程度把握できないとつまづくこともあります。なのでまずプレイした後にプレイングの基本などを早い段階でものにするために攻略サイトを見た時に必ず初心者向けに書かれてるページからプレイング等の情報を分かるまで何度も見る。

そうすることにより早い段階で他の人よりできるようになるからだ。

 

まとめ

 ゲーム攻略サイトを見るか、見ないかは個人次第なのだからぜったいにこうしろとかああしろとかいえない。ただ、自分としては詰みそうになったらどうすればいいか調べてからでもいいのではないかと。

簡単に諦めるてしまうのはもったいないのでは?

以上、さるロゴでした。

CODE OF JOKER Pocke配信!!さっそく遊んでみた

 

f:id:zaregoto5010:20170115090619j:plain

どうもさるロゴです。

今日ついにSEGAの人気カードゲーム「CODE OF JOKER(メーカー セガ・インタラクティブ (c)SEGA)」のアプリ版「CODE OF JOKER Pocke(メーカー セガ・インタラクティブ (c)SEGA)」が配信された。ac版「CODE OF JOKER」と比べて良い所を自分なりにまとめてみた。

 

CODE OF JOKER Pockeの良い所

どこでも遊べる

スマートフォンアプリとしてダウンロードできるから通勤電車で移動してるとき、すぐ近くにゲーセンがなかったとしてもインターネット環境さえよければどこでも対戦できる。

特にランク戦は勝率を上げるためにはとにかく対戦していくのが肝心だからどこでも遊べるのはかなり利点としてあげられる。

 

enポイントを気にせずデッキ構築

ac版「CODE OF JOKER」ではenポイントというものがあり、ランク戦やイベント戦等の各ゲームモード選択時にenポイントを消費する。enポイントの回復は100円で100ポイントである。

デッキ編集するときも消費するためにじっくりデッキを組むなら公式の専用サイト「COJ-AgentLabo」に登録してpc端末かスマートフォン端末からアクセスしなければならない。

しかし「CODE OF JOKER Pocke」」ではenポイントを使わないので「COJ-AgentLabo」にいちいちアクセスすることなくデッキ構築する必要がない。つまりアプリだけでデッキ構築もランク戦もじっくりとりくむことができる。

 

まとめ

こういった長所が存在するためac版をプレイしたプレイヤーも新規プレイヤーも気軽に遊ぶことができる。そしてそれはプレイヤー人口の増加も予想できるためランク戦はさらに苛烈になると予想できる。ランク戦に挑むときはデッキ構築とプレイングの基礎をしっかり把握してから挑もう。

以上、さるロゴでした。

マイルールは毎日の読書最低30分

お題「マイルール」
どうもさるロゴです。はてなブログのお題スロットを回して「マイルール」というお題があったので、ブログを立ち上げた時に決めた「毎日最低30分読書する」というルールについて書いたみた。

f:id:zaregoto5010:20170115090618j:plain

始めたきっかけ

「毎日最低30分読書する」というルールを決めたきっかけは2つ。


ブログを書くネタにするため
今のブログをはてなブログで始める時にどんな内容を書くか悩んでた。
ゲームやアニメ鑑賞が好きだが仕事もあるため毎日書くのは不可能。

だが、それなら毎日本を少しずつでも本を読み感想を書けばネタ切れすることもなくなるのではと考えた。
 
読みたい本や積み本が多いため
自分はwebサイトや電子書籍アプリのストア、面白いアニメと漫画の原作、昔から好きな作者の新刊を読みたいと思ったら衝動買いしてしまうから積み本が次々たまっていく。なので少しづつでもいいから毎日読む習慣をつけてみた。
 
毎日最低30分読書したら

 
電子書籍アプリを使ってどこでも読書
iPhone端末に電子書籍アプリを入れてるため通勤電車に乗って移動してる時間は電子書籍アプリを立ち上げて本を読むことができる。
そのため最低30分という目標は毎日無理なく続けることができるようになった。
 
休日における時間の使い方を考えるように
休日はというと今まではいい加減に過ごしていたが、「毎日最低30分読書する」というルールがあるからまずやらないといけないことを考えてから、いつ読書するかを考えるようになった。
なので特に用事のない日でも計画立てて過ごせるようになった。
 
最後に

「毎日最低30分読書する」という自分ルールについて考えて出した結論は運動や勉強等の習慣を続ければどのように過ごすか考えることが自然とできるから規則正しい生活もできるようになるのではということである。
以上、さるロゴでした。
 

このライトノベルがすごい!2017を読んでみた

どうも、さるロゴです。

お買い物に出かけた時に「このライトノベルがすごい!2017 宝島社」が書店内に置かれてたから気になって購入し、読み終わったので感想を書いてみた。

f:id:zaregoto5010:20170115090618j:plain

 

やはり強い!!web小説

近年ではweb小説が需要が多いためかランキングでもweb発の作品がいくつもランキングに載っている。スマートフォンが普及してどこでも手軽に読めて、異世界物や最強物等の人気ジャンルが10代後半〜20代前半に受けがよかったからだろう。「オーバーロード (著者 丸山 くがね)」や「Re:ゼロから始める異世界生活 (著者 長月 達平)」はアニメ化されたこともあってランキングに当然入っていた。

 

人気シリーズの安定感

一方で「とある魔術の禁書目録シリーズ (著者 鎌池 和馬)」や「ソードアート・オンライン (著者川原 礫)」等の固定ファンも多い人気シリーズもランキングに入っている。

人気作家の長い期間刊行されている未完の作品なので、20代〜30代の人がどのように終わるか気になって手に取る人も多いからだろう。

 

読んでみたいライトノベルをピックアップ

最後に、「このライトノベルがすごい!2017 宝島社」の中から読んでみたい作品をピックアップしてみる。

今年も多くの作品を読んでいきたい。

以上、さるロゴでした。

 

手軽に遊べる!!RPGアツマール

年末年始は暇つぶしに余念がないさるロゴです。 

暇つぶしとして手軽に遊べるwebサービスである「RPGアツマール」を紹介する。

f:id:zaregoto5010:20170115090619j:plain

RPGアツマールとは?

RPGアツマールとは『RPGツクールMV(開発元「KADOKAWA」、 販売元「スパイク・チュンソフト 」)』で作られたゲームを投稿・プレイすることができるwebサービスである。

 

インストール不要!!スマートフォン端末ならどこでも遊べる

遊ぶにはPCとスマートフォンタブレット端末でwebサイトにアクセスすれば様々なゲームを遊ぶことができる。そのため専用のアプリ等をインストールする必要はない。

 

コメントを流すことができる

プレイ中にコメントを残したいと思ったら下のテキスト入力可能ボックスが設置されてるので、ボックス内にコメント入力してボタンを押そう。

 

プレイしたゲームはサーバー上にセーブができる

rpgアドベンチャーゲーム等のプレイ時間の長いゲームはサーバー上にセーブすることができる。

ただし、容量に制限があるので注意が必要。

 

実際に遊んでみたのでゲーム紹介

放置系シュミレーション。アイテムを置いたり、夢玉を回収したり、眠ってる東方キャラを眺めたりするゲーム。数分だけでも十分遊べる。

 

ボーカロイドと異世界を冒険するRPG。modやスキルまわりの戦闘システムの完成度が高い作品。

難易度も絶妙であるため長く遊べる。

 

ファンタジー風の村を作っていくシュミレーションゲーム。

300ターンの時間制限の中で道を引いたり、建物を立てていこう。

300ターンたつとスコアが表示されるのでやり込みも可能。

ただし、まだ未完成なのか効果が決まってない施設も存在するので注意。

 

実際に遊んで感じたこと

webサイトにブラウザゲームが並んでるところは昔にFlashjavaなどのゲームが流行った時を思い出して懐かしさを感じた。当時ブラウザゲームを遊びまくった人にオススメ。

 

以上、さるロゴでした。

 

 

 

 

 

あけましておめでとう

あけましておめでとうございます。さるロゴというものです

新年になって文章作成の腕をみがくべく新規ブログを開設しました。

主に自分の趣味や日常のことを中心に気楽に書こうと思います。

目標としてはできる限り毎日ブログのネタを書いていくことです。

つたないかもしれませんがよろしくお願いします。