本を書けずともブログは書ける

日々の様々なことを書いて文章作成術の腕を磨くことを目的としたブログです。

【読書】りゅうおうのおしごと! 【感想】

滋賀では雪が降り積もり、外に出るのもおっくうなさるロゴです。

今回は「このライトノベルがすごい!2017 (宝島社)」でランキング入りを果たした「りゅうおうのおしごと! (著者 白鳥 士朗)」の感想です。

 

 

主人公はりゅうおう?異色の将棋を題材にしたライトノベル

主人公の九頭竜八一(くずりゅう やいち)は竜王である。

ファンタジーにおける竜ではなく、将棋におけるプロ棋士達の頂点に上り詰めた者に与えられる称号である。

まさかの将棋を題材にしたライトノベルそれが「りゅうおうのおしごと! 」という作品です。

 

将棋界は厳しくも不思議な世界でした

プロ棋士である九頭竜八一(くずりゅう やいち)のもとに小学生の女の子である雛鶴あい(ひなづる あい)が弟子入りするとこから物語は始まる。

二人を中心として物語は進行するがプロ棋士達の日常は本当に不思議なものでした。

例えば、カラオケに入っても一曲も歌わずに時間いっぱいまで将棋を指していたり、対局中に集中するために持ち込んだ空気清浄機を使い出したりとテレビや新聞だけでは知りえないエピソードがまんさいです。

ただ、プロ棋士とし活躍するには子供と言える年齢からでもプロになることができるようだから年齢層は幅広く、頂点に立つのはとても困難であることが伺えました。

 

作品の見どころ

主人公の弟子である雛鶴あい(ひなづる あい)と主人公の姉弟子空銀子(そら ぎんこ)による雛鶴あい(ひなづる あい)の弟子入りをかけた対局シーン。

雛鶴あい(ひなづる あい)の詰みを読む棋力と空銀子(そら ぎんこ)の鋭い攻めは観客達のだれもがこころを震わせるほどの熱戦となった。

将棋を知らなくてもゲーマーならきっと手に汗握るほどの名シーンでした。

 

まとめ

将棋を題材にしたこの作品はえっ?本当?と思ってしまえようなエピソードたくさんでとても読んでて楽しい作品でした。

 早く続きを読みたいと思います。

以上、さるロゴでした。